<< 風呂敷って使いますか? | main | のぼり印刷の種類について >>

中性脂肪値の原因であるコレステロールを抑えるEPA

健康に対しての関心が高まってきている中、健康に良い食品を積極的に摂取している方も増加しています。

健康といえば、ほぼほとんどの方が健康診断を毎年受診しているはずですが、その中で中性脂肪値に関してその評価方法に変化が起きています。

以前までは、中性脂肪が単純に高いか適正範囲かで判断していましたが、現在では善玉コレステロールか悪玉コレステロールの量の関係がどのようであるかによって評価するようになってきました。

そのため、中性脂肪値が高いからと言って健康状態の悪化を認める事はできません。そして、体に良いとされている善玉コレステロール値を増やす事ができる成分としてEPAが挙げられているのです。

EPAはDHAと同様に魚油に多く含まれている成分であり、主に脳にとって抜群の効果を発揮する物質ですが、このEPAが中性脂肪値を下げるための働きもするという事が最近では、わかってきています。

しかし、この結果はあくまで暫定的なものであり、まだはっきりとした認定がある訳ではないので、しっかりと日々の食生活を正していく事から始めるのが良いでしょう。
tshatu * つぶやき * 12:48 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ